無料
エロ
動画

堺 デリバリーヘルス エロ動画

アダルト情報 アダルト検索 堺 デリバリーヘルス エロ動画 エロがいっぱい【堺 デリバリーヘルス 】

EXILEが2年連続大賞! ATSUSHI、歌唱中に感涙 最優秀新人賞はBIGBANG

年末恒例の音楽賞『第51回日本レコード大賞』の最終選考会が30日、東京・新国立劇場中劇場であり、人気グループ・EXILEが「Someday」で大賞を2年連続で受賞した。メンバー増員での初受賞にリーダーのHIROは「ファンの皆さんに恩返しできたことを嬉しく思います」と話し、アンコール歌唱でATSUSHIが涙で声を詰まらせた。放送終了後、ATSUSHIは「14人という新体制になって今年は挑戦の年だった。いろいろありましたけど、全国の人に喜んでもらえたかなって思って感動しました」と感涙した理由を明かした。

EXILEは2007年に最優秀歌唱賞を受賞。昨年も“PERFECT YEAR”として掲げた5つの公約、ベスト盤3枚発売、劇団EXILE公演、アニメ『エグザムライ』本編発売、雑誌『月刊EXILE』創刊、ドームツアー敢行を全て実現して「Ti Amo」でレコード大賞を初受賞した。そして今年、3月1日に所属事務所の後輩である7人組グループ・J Soul Brothersの加入を電撃発表して周囲を驚かせた。

 誰に喜びを伝えたいかと問われたATSUSHIは「家族、スタッフ」の後に、所属するエイベックス・グループの松浦勝人社長を呼び寄せた。記念の盾を受け取った松浦氏は昨年も登壇して受賞の感激を分かち合っており「去年に続いて本当に喜んでいます」とコメント。HIROはメンバーに対し「ずっと一生一緒に頑張りたいと思っています。これからも究極のエンターテインメントを目指して頑張っていきましょう」と呼びかけると、TAKAHIROが代表して「これからもHIROさんについていきたいと思います」と絆の深さをのぞかせた。

 14人の大所帯となったEXILEの勢いはさらに加速中だ。11月12日には『天皇陛下御即位20年をお祝いする国民祭典』に参加し、天皇・皇后両陛下の前で奉祝曲組曲「太陽の国」を奉呈した。また2010年のサッカーワールドカップ(W杯)南アフリカ大会に出場する日本代表の応援歌を担当することも決定しており、名実共に国民的グループとしてのポジションを不動のものにしている。

 最優秀新人賞は、今年日本デビューを果たした韓国の5人組グループ・BIGBANG。また今年は“会場出演”以外の目玉として、『塩、コショウ』で最優秀アルバム賞を受賞した人気グループ・GReeeeNが声のみで地上波の全国放送に初出演すると放送前から話題を呼んでおり、92(クニ)が「聴いてくれた方々の“人生の味付け”になればいいな」とユニークな作品名の理由を解説した。

 紅白と並ぶ年末の風物詩であるレコ大は、TBS系で同日午後6時半より約4時間にわたって生中継され、司会は14年連続となる堺正章と、女優の藤原紀香が務めた。全受賞作品は以下のとおり。

【日本レコード大賞】
「Someday」EXILE

【最優秀新人賞】
 BIGBANG

【優秀作品賞】
「安芸の宮島」水森かおり
「Infinity」GIRL NEXT DOOR
「YELL」いきものがかり
「おまえを連れて」北川大介
「Someday」EXILE
「Stand by U」東方神起
「手紙〜親愛なる子供たちへ〜」樋口了一
「ときめきのルンバ」氷川きよし
「また君に恋してる」坂本冬美
「Lick me●」倖田來未 ※●はハートマーク
「Rain Is Fallin'」w-inds. x G-DRAGON(BIGBANG)

【最優秀アルバム賞】
『塩、コショウ』GReeeeN

【優秀アルバム賞】
『あいのわ』ハナレグミ
『さゆりIV』石川さゆり
『塩、コショウ』GReeeeN
『Box Emotions』Superfly
『my Classics!』平原綾香

【最優秀歌唱賞】
 五木ひろし

【新人賞】
 さくらまや/SCANDAL/BIGBANG/ヒルクライム

【作曲賞】
 作曲者:JUJU/JAY'ED/Jeff Miyahara/RYLL & couco
 「明日がくるなら」JUJU with JAY'ED

【作詩賞】
 作詩者:いで はく
 「比叡の風」北島三郎

【編曲賞】
 編曲者:池多 孝春
 「歌謡組曲 おんな神輿歌」山口ひろみ
 「お蝶次郎長恋姿」竹川美子 岡 千秋 など

【日本作曲家協会奨励賞】
 しのぶ

【企画賞】
『男と女-TWO HEARTS TWO VOICES-』
『男と女2-TWO HEARTS TWO VOICES-』稲垣潤一(ユニバーサルミュージック)
『SPEEDLAND-The Premium Best Re Tracks-』SPEED(エイベックス・エンタテインメント)
『生誕100年記念 国民的作曲家 古関裕而全集 -長崎の鐘・君の名は・栄冠は君に輝く-』(コロムビアミュージックエンタテインメント)
『知名定男 島唄百景』唄・三線:知名定男(キングレコード)
『つるのうた』『つるのおと』つるの剛士(ポニーキャニオン)
『<三木たかし 追悼盤>ル・クラシック 〜時の流れに身をまかせ〜』(キングレコード)

【功労賞】
 曽根幸明/長洲忠彦

【特別功労賞】
 石本美由起/忌野清志郎/遠藤 実/丘 灯至夫/音羽たかし/加藤和彦/松井由利夫/三木たかし/森繁久彌

【特別賞】
 アリス/AKB48・秋元康/辻井伸行/マイケル・ジャクソン


  1. 2009/12/31(木) 22:25:44|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

!『沈まぬ太陽』ロングラン決定に感激!「人間として持久力を試された年だった」

公開から51日間で225万人を動員している映画『沈まぬ太陽』が、当初7週間だった興行予定を延長し、年またぎのロングラン上映が決定したことを受け、主演を務める渡辺謙が喜びの胸中を語ってくれた。上映時間3時間22分の大作が、多くの日本人の心をつかんでいる理由とは?  「こうした骨太なタイプの作品が絶えて久しかったからでしょうね」と渡辺。泣ける映画が幅を利かせる日本映画界にあって、深く静かな余韻を残す本作は、大人の鑑賞に堪えうる貴重な存在だったのだ。

  1. 2009/12/25(金) 00:26:25|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:1

森下悠里、「彼氏はモテない人がいい」

グラビアアイドルの森下悠里(24)が17日、都内で行われた映画「ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女」(1月16日公開)の特別試写会に、同作のヒロインと同じく胸にドラゴンのタトゥーをつけて登場。不倫騒動の渦中にある米プロゴルファー、タイガー・ウッズの話題に「かっこいいし、一度はデートしてみたいけど、モテ過ぎたら心配だから、彼氏にするならモテない人がいい」と持論を展開した。





  1. 2009/12/19(土) 01:09:00|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

哀川翔 ゼブラーマン2で“最高齢記録”

哀川自らスーツアクターもこなし、東映によると、すべて1人で演じる“かぶり物ヒーロー”の最高齢記録という。前作と比べスーツは新素材で軽量化されたものの、ワイヤアクションのため撮影の約6割、計200時間以上はつられっぱなし。茨城県高萩市の撮影では、地上10メートルの高さでの演技が要求され「スーツがフィットしすぎて息ができない。全身筋肉痛で青あざだらけ」と苦笑。主演100本記念作として04年に公開された前作の15年後が舞台。だめな教師が地球の存亡をかけて、仲里依紗(20)演じる「黒ゼブラ」ら悪と戦う。


  1. 2009/12/10(木) 14:35:13|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:0

現代風にアレンジ、菅野美穂主演で「Wの悲劇」

女優の菅野美穂(32)がTBSのスペシャルドラマ「Wの悲劇」(来年1月11日後9・00)に主演する。過去に薬師丸ひろ子(45)が主役を演じ映画化されたサスペンスの名作だ。売れっ子の菅野だが、同局のドラマの主演は初めてで「どんな仕上がりになるのかとても楽しみ」と意気込んでいる。

菅野が演じるのは、派遣OLの一条春生(はるみ)。不景気で突然、派遣先の会社を解雇され、キャバクラ嬢時代の仲間だった和辻摩子(谷村美月)から別荘に来るように誘いを受ける。そこで殺人事件に遭遇。犯行に加わったという摩子をかばい、偽装に手を貸すことになる。

原作は夏樹静子氏(70)の同名小説。累計約250万部、海外でも10カ国で約20万部を売り上げた人気作。夏樹氏の作家40年記念サスペンス特別企画でもある。今回の脚本は、菅野主演で放送されたテレビ朝日「イグアナの娘」(96年)などを手掛けた岡田惠和氏が担当。原作では、一条春生は劇作家志望で摩子の家庭教師という設定だが、ドラマは現代風にアレンジされている。

過去には、83年にTBS、01年にテレビ東京がドラマ化。映画は84年に公開され、薬師丸ひろ子の代表作の1つになった。

今回は、登場人物の背景にオリジナリティーを加えながらも原作の密室劇のだいご味を十分に楽しめる内容。菅野は「脚本では、人は追い込まれれば追い込まれるほど、こっけいになっていくさまがよく描かれています。サスペンスとユーモアで緩急のメリハリのあるドラマになるのではないかと思います」と話している。

共演は真矢みき(45)、成宮寛貴(27)香川照之(43)ら。


  1. 2009/12/01(火) 13:36:55|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2
close